包茎手術はするべき

日本人の男性は包茎の率が高く仮性包茎に至っては7割程度という驚異の包茎率を誇っています。そのためみんながそうなら手術する必要もないかと思ってしまうのですが、包茎でないに越したことはないので迷っている人は手術してしまうことをお勧めします。

ちなみに包茎手術をする前に非常に悩んだという人でも一度手術を終えるとこんなに簡単に終わるとは思わなかった、あんなに悩んで馬鹿らしかったなんて言う意見を出す男性が非常にたくさんいます。日本人は包茎手術をすることに関して恥ずかしいと思いがちですが、むしろ包茎であることの方が恥ずかしいと感じるべきなので手術しても恥じる必要はありません。

包茎手術をした場合の効果なのですが、まず自分に自信が持てるようになったという男性が多いです。それまで女性の前で裸になるのに劣等感を感じることがあったり、女性を口説く際にも包茎のことが頭をよぎりいまいち口説ききれなかったりなんて言うことがある人もいるくらいです。次に女性への性感染のリスクがぐっと減ります。

包茎であるということは男性器に汚れがたまりやすいということです。毎回お風呂で丁寧に洗い恥垢を除去すればいいのですが、入浴後にマスターべーションを行ったらまたたまってしまいます。そんな状態で女性に加えさせたり、セックスをしてしまったら性病にかかってしまうリスクが高いのです。自分のためだけでなく、性行為をするパートナーへの気遣いとしても包茎手術をすることをお勧めします。