感度が違う

包茎であるより包茎でないことのメリットは多々あります。一番の理由は性病などの感染症からのリスクを軽減できることです。包茎であるということは男性器を清潔に保てていないということです。そんな状態で性行為をしたら性病になってしまうリスクは高くなります。その他の理由として挙げられるのが男性器の大きさ、先細りした形に違いがあることです。

包茎手術をしたという人の多くは自信を持てるようになった、コンプレックスから解き放たれるようになった、温泉や先頭に行っても堂々としていられるなどという意見が挙げられます。逆に包茎手術をしなければよかったという意見はあまり聞かれません。もしかしたら不満がある人もいるのかもしれませんが、表立ってはあまり出てきていません。このことからも包茎手術をするメリットは多いのではないかと思います。

最後に包茎だった男性が手術をして包茎ではなくなった方の意見で多いのが、感度が良くなった、女性を満足させられるようになったという意見です。後者は自信から来るものなのかもしれませんが。プラスに作用することばかりだというのは間違いないでしょう。包茎であることに対して馬鹿にされるのではないかと思う心配もありません。